プロも使ってる無料web解析ツール

年末最後の更新になりますが、今日はプロも使っている無料のweb解析ツールをご紹介します。無料といっても、とっても高機能で、これだけでもかなりの競合サイト、自分のサイトの状況が把握できたり、webサイト制作の際に参考となるデータをたくさん取得することができます。

ツールは無料で使えるのですが、操作や使い方が難しいものもあるので、時間をかけて習得したり、制作会社へサポートしてもらうことをお勧めします。

それにしても、最近は高機能なツールでも無料で提供してくれる企業さんが多いですよね。どう使いこなすのかが一番重要ですので、ただ使っているだけで終わらせずに、継続して解析するようにしましょう。

ちなみにですが、今回はツールやサイトのご紹介のみになっています。個別の説明はまた次回検証していこうと思っています。

お勧め無料web解析ツール

Google Analytics(アナリティクス)

サイト名
Google Analytics(アナリティクス)
特徴
Google Analytics知らない人はいないでしょう、検索サイトGoogleが提供しているサイトのアクセス解析ツールです。Urchin(アーチン)というアクセス解析ツールが元になっているのですが、もう既にそんなことを知らない人が多いですよね。GoogleがUrchin(アーチン)の開発元会社を買収して、そのプログラムを元にして作られたのがGoogle Analyticsです。Urchin(アーチン)はとっても価格が高いアクセス解析ツールだったのですが、Googleが無料で提供することになり、広く様々なwebサイトで使用されることになりました。無料なのに高機能。すごいです。
とても多くの項目があり、素人目では何を見ていいかわからないかと思います。主に、サイト閲覧者の行動を見るツールになります。どんな人が、どうやってサイトを訪れて、どんな行動をとって離脱したかがデータでチェックできます。「絶対利用してください」と言いたいぐらいの必須ツールです。

Google Search Console(サーチコンソール)

サイト名
Google Search Console(サーチコンソール)
特徴
Google Search ConsoleこれもGoogleが提供しているツールになります。少し前は、ウェブマスターツールと呼ばれていました。
Google検索結果の状況をチェックしたり、Googleから見たサイトがどのような状態になっているのかをチェックすることができるツールになります。特に検索結果に影響するものではないですが、サイト構築やサイトの状況を最適化するのにとても便利なツールです。サイトの所有者でないと利用できないので、まず初めはwebサイトを登録するところからスタートしてください。
Analyticsがサイトを訪れた後の状況を解析するのに対して、このSearch Consoleはサイトを訪れる前の状況を解析するツールになります。
サイト名
Google Trends(トレンド)
特徴
Google Trends複数のキーワード候補がある時に、どれかを選択しなくてはいけないことがあったりします。複数の中からどれかのキーワードを選ぶ時に、Google検索ではどの検索キーワードが多く調べられているかを、相対的にグラフでチェックすることができるツールになります。
例えば、「過払い金」と「過払金」と言ったように、「い」を入れるか抜くかで悩んだ時に、このGoogle Trendsを使用すれば、どちらが多く調べられているかをチェックできます。総検索数ではなく、相対的な評価となることに注意してください。検索数が多い方のキーワードをサイト内の記事に入れれば、検索結果に表示される可能性も高まりますよね。とても使います。
別記事でもGoogle Trendsの詳細(SEO対策でのキーワードの選び方)を記載していますので、そちらも合わせてご覧ください。

Google AdWords キーワード プランナー

サイト名

Google AdWords キーワード プランナー

特徴
Google AdWords Keyword PlannerこれもGoogle Trendsに似ています。Google Trendsは複数のキーワードの相対的な検索状況をグラフでチェックするのに適したツールに対して、このGoogle AdWords キーワードプランナーは特定キーワードの検索数をチェックすることができるツールです。
Google AdWordsとは、Googleのppc広告(web広告)を利用する時に使用するツールなのですが、その機能の一部でキーワードプランナーという機能を提供しています。
特徴的なのが、調べたいキーワードに関連するキーワードも一括で表示することができ、また全体の検索数もチェックできるところです。記事にする時に、人気のワードやニッチなワードを調べたりできて、便利ですね。

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

サイト名
Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)
特徴
PageSpeed InsightsWebサイトとモバイルサイトの表示スピードをチェックするツールです。え?ただそれだけ??と思っている人、侮ってはいけません。サイトが表示される早さは、離脱率に大きく影響されます。つまり、その表示スピードを上げるための解析ツールということになります。
このツールのすごいところは、しっかりとどうやったらスピードが速くなるのかの解決策を提示してくれるところです。その通りに対策すれば、表示スピードの改善になりますし、ユーザビリティアップに繋がります。一度ご自身のwebサイトでチェックしてみてください。盲点だった!と思う問題点の発見に繋がるかもしれませんよ。
サイト名
Google 検索 (related:)
特徴
Google related:Google検索での検索方法で、解析ツールを2つ紹介しようと思います。まず一つ目がこの、「related:」の検索方法。
検索窓に「related: ドメイン名」と入力して検索すると、そのドメインサイトと関連のあるサイト、つまり類似サイトが検索結果に出てきます。例えば、「related:yahoo.co.jp」などの入力して検索します。Googleが類似と把握しているサイトなので、競合サイトが出ることが多いということですね。
しかし、残念ながら中小の企業さんでは検索結果が実はでなかったりします。多少大きな会社でもでないことが多いです。
大手のサイトを調べる時に使えるのですが、中小さんは別のツールを使うことにしましょうね。

Google 検索 (site:)

サイト名
Google 検索 (site:)
特徴
Google site:上の続きになりますが、Google検索の便利な検索方法の2つ目になります。「site: ドメイン名」で検索するという、relatedの時とやり方は似ています。例えば、「site:yahoo.co.jp」と入力して検索するってことですね。
その調べたいドメインが、Googleにインデックス登録されているページ一覧を調べる時に使うツールになります。Googleは全てのページをインデックス登録してくれるとは限らなかったり、何かしらのエラーでインデックス登録してくれないことがあります。それをチェックするツールですね。インデックス登録って、つまり、検索結果に表示してくれるかどうかってことです。
もし、Googleがスパムサイトと定義したサイトがあれば、そのサイトのドメインでこのsiteコマンドで検索しても表示されません。
サイトの規模によって調べる状況が変わってきますが、これも昔からある便利ツールの一つです。

Yahoo! キーワードアドバイスツール

サイト名
Yahoo! キーワードアドバイスツール(プロモーション広告内)
特徴
yahoo キーワードアドバイスツールGoogleだけじゃありません、Yahoo!も検索キーワードのツールを提供しています。Yahoo!版のAdWordsツールに相当するのが、プロモーション広告というツールになります。このツール内でYahoo!キーワードアドバイスツールというキーワードの検索数を調べることができるツールになります。GoogleとYahoo!は、検索する人によってどちらで使用するかが変わってきますよね。Yahoo!とGoogleでは若干対策の仕方も変わってきますが、Yahoo!側のキーワードもチェックして、万全に対策をとるようにしてみましょう。

SEOチェキ!

サイト名
SEOチェキ!
特徴
SEOチェキ!競合他社のサイトを調べる時によく利用するツールを紹介します。これは調べたいサイトがSEO対策がどのぐらい上手く行われているかを調べる時に使ったりします。被リンク数やキーワード、サイトの評価なんかも表示されます。URLを入れてボタンを押すだけの簡単操作なので、ぜひ一度使用してみてください。

SimilarWebPRO(シミラーウェブ)

サイト名
SimilarWebPRO(シミラーウェブ)
特徴
SimilarWeb実はまだ使ってことがないのですが、とても興味あって、これから使用したいと思っているツールもご紹介しておきます。一部無料、有料プランありのツールです。
このSimilarWebは、競合サイトの状況を丸裸にしてくれるというのが謳い文句のツールです。といっても安心してください、実際に丸見えになるわけではありません。
通常は中の人しか確認できないような内容を、独自のアルゴリズムとデータで表示してくれる、というツールです。使ったことがある人の話だと、通常のGoogle Analyticsなどでは分かりにくいことも、グラフでわかりやすく表示しており、数値的にも似ているデータを出してくれるとのことです。もちろん、そのようなデータはさっきも言いましたが、中の人(ウェブマスター)しかチェックすることはできないことですが、それを外部の人でも、だいたい近い数値で確認でき、アクセス解析並に、もしくはそれ以上のデータで提供しているといったツールです。
他のwebサイトからのデータを取得して、それを統計的に数値で補って表示しているようなのですが、その精度がかなり高いそうです。
興味あるので、今度利用してまた報告しようと思います。

Ptengine(ピーティーエンジン)

サイト名
Ptengine(ピーティーエンジン)
特徴
Ptengineこちらもまだ使用したことがないのですが、気になっているツールのご紹介です。これも一部無料、有料プランありのツールです。
このツールは、ヒートマップ分析ができるツールになっています。ヒートマップってなんぞや??と思う方、安心してください。直感的にすぐ利用できることと思います。ヒートマップとは、注意が集中しているところをサーモグラフィのように表示することなのですが、このツールで集中しているところとは、サイト閲覧者の目線になります(実際には滞在場所?)。今までのアクセス解析ツールは、そのサイトが表示されたとか滞在時間はどのぐらいあったとかのページ内全体の数値でしか提供されないデータなのですが、このツールは、その表示されたページのどの部分が一番見られているのかとか、どこに(目線などの)注目が集まっているかといったものをグラフィカルに表示してくれます。直感的に分かりやすく、ここ最近のヒットツールなので、ぜひトライアルで利用してみて、良さそうでしたら有料版を利用してみてください。

web解析ツールは使う人次第

ここで紹介したツールがあれば、もう何もいらないでしょう。これを使いこなせれば、なんだってできますね。最後の2つは有料バージョンではありますが、それ以外は全部無料で利用できるツールです。ぜひ時間をかけて、一つ一つをマスターしていってください。

ただし、使う人によって、優秀なツールでも宝のもちぐされになることもあります。ただ利用しただけで満足しないで、どうやってそれを生かしていけるのか、をとことん考えてみてください。

わからなければ、専門家に聞きましょう。ナミットでも対応しています。こういうことを使う人は、最近ではデータサイエンティストということが多くなりましたね。肩書きだけで判断しないようにして、親身になって対応してくれる人を選び、web解析ツールを活用してみてください。

 

You May Also Like