iPhoneアプリ開発を始める人へ

とうとうといったところですが、Appleが開発しているプログラミング言語のSwift2がオープンソース化となって公開されました。GitHubで各種ツールがダウンロードできるとのことです。どんどんと利便性がアップして、使いやすくなっていくといいですね!

Apple、プログラミング言語「Swift 2.0」をオープンソース化し、Swift.orgを開設

 

今日はiPhoneアプリ開発を行うための予備知識と、そもそも何ができるのかってお話です。

アプリ開発って何?

アプリ開発って言っても、皆さんはどのデバイスをお持ちでしょうか。何を持っているかで、何を使用するのかが決まってきます。デバイス内でアプリをインストールして使っているアプリ、そのアプリを作ることを「アプリ開発」って言います。アプリ開発するためにはプログラムを書いていく必要があるのですが、ここで持っているデバイスによってプログラミング言語が変わってくるのです。

そもそもアプリで何ができるのかって言われると困るのですが、ユーザーであればわかりますよね。直感的に使用することができる機能を搭載したプログラム、ですが、ユーザーさんじゃないとそもそもこの話ができませんので、もしわからないって人は、まずスマートフォンでアプリを何でもいいので使ってみましょう!

iPhoneとAndroid

アプリといっても、話をスマホやタブレット向けに絞って話すことにします。PCまで入れると複雑な話になってきますので。。。

現在アプリ開発言語は大きく2つの環境に分かれます。1つはiPhoneなどApple製品でアプリ開発をするための言語「Swift」、もう1つはAndroid系携帯のアプリ開発をするための言語「Java」です。他の言語でできるって聞いたことあるよーって人がいてもおかしくないですが、基本的にこの2つがベースになっています。細かな話は他に譲ります。

Appleが作っている製品ですが、このSwiftという言語で動いているものがほとんどで、これをかなり押していたりします。逆に、現在世に出ているデバイスで、Apple製品しかこの言語を使っていません。Swift自体、Appleが開発している言語なのです。Apple製品に使われている言語もAppleが開発しているんですね。

先ほどのニュースでありましたが、そのAppleで開発しているSwiftをオープンソース化して、みんなにも利用してもらおうって話です。このSwiftを他のデバイスでも使用されることになっていくでしょう。そうなると、Swiftのプログラミングが書ける人は、かなりニーズが高まっていきますね。そこにApple側の求めているところがあるのでしょう。

今回はiPhone開発がテーマなので、Swiftに絞って話します。

Swiftの歴史

Appleが開発しているSwiftですが、Apple製品で使われているんだから、プログラマーも多いんじゃないの?って思いますよね。いえいえ、まだ足りないぐらい少ないんです。どうしてかっていうと、「Swift」自体はまだ生まれて間もない言語だからなんです。

実はSwiftは2014年6月に発表されたばかりの新しい言語です。その前までは、Objective-Cという言語が使われていたんだけど、それをSwiftに変更(変換?)していくことになったのです。現在はそのSwiftもバージョンが2にアップしてSwift2となっています。この初期SwiftからSwift2へのバージョンアップも1年足らずでのアップになって、仕様も若干変更になったりしている、まさに現在進行形で常にアップデートされているプログラミング言語だったりします。

現在でも、前バージョンのObjective-Cっていう言語は一部使われているんだけど、少しずつバージョンアップすることで、Swift言語に置き換わってきている状況なんですよ。Appleってそういうところが早いというか、みんなが付いて行きたがることをやっててすごいなぁと思います。

iPhoneアプリ開発やるならSwiftで

現在でもObjective-Cは使うことができます。でも、せっかく新しい言語をAppleが使って欲しいと言っているんです、Swiftをやらない手はないですね!オブジェクティブ指向で、今最も旬な言語であるSwift、今後もさらに様々な製品で使われていくであろうSwift、開発者がどんどんと押し寄せてきて、これからは多くの人たちが使用する言語として使われていくであろうSwift。そんな開発言語なんです。

iPhoneアプリ開発で必要なもの

iPhoneアプリ開発で必要なものがあります。絶対です。代替が効きません。それは、、、

Apple製のPC、つまりMacです。これさえあれば、もうなんでもできます!

今後は他のPCでも開発環境を整えることができるかもしれませんが、Appleが開発していたSwiftです。Macでやってくれってことですね。

あとは、できればiPhoneの本体も欲しい!実はiPhoneがなくても開発できるので必須ではないですが、やっぱり実機で表示や動作テストぐらいしたいですよね。だから持ってない人は買ってください。第一、iPhone持っていない人が開発しているって状況自体、おかしいですし。

Macの開発環境を整えて、さぁあとはプログラミングするだけ!!

Swift言語でアプリ開発するときの開発環境

Xcodeと呼ばれるアプリケーションを使用します。App Storeにあるのでダウンロードしてください。そして、常に最新版を使用することをお勧めします。なんと!ここまで全部無料で使用でき、アプリ開発ができます。Xcodeも無料です。開発するところまでは無料でできるなんてすごいです。お金がかかるとすれば、Macの準備でPCを買うぐらいです。

開発したアプリの公開について

上記で開発するところまで無料と書きました。正しいです、ここまでは。しかし、アプリを公開してみんなにダウンロードしてもらうにはお金がかかります。だから、正確にはMacのPC代と、アプリ公開用の費用ってことですね。具体的には、「Apple Developer Program」というものへの登録が必要で、この時に登録料がかかるということになります。開発までは無料、公開するには登録でお金がかかるってことです。

登録料なので、公開する本数によってお金がかかるわけではありません。年間費用は11,800円(2015年12月現在)です。

注意したい参考書選びについて

最後に、参考書選びで間違わないようにしてくださいと忠告です。

Swiftのバージョンは現在2です。2015年6月にSwift2が発表され、同年9月に正式アップデート、つまり本当に出たばかりの言語です。現在書店やamazonなどで多く出てくるのが前バージョンのものがほとんどです。はっきり言って、初期Swift参考書などでは違っているというか、動かない部分が多かったりして、新しいSwiftではサポートしていない部分もあります。せっかく新しい言語をやるのですから、正確なことが書いてある参考書を、間違えずに買ってください。以前のバージョンのものは買わないようにご注意くださいね。

キーワードは、「Swift2」「xcode7」のものと覚えてください。この2ワードが書かれていれば新しい書籍ということです。もちろん、発効日も参考に。2015年後半に初版が出ていないとおかしいですことなので。

You May Also Like