iPadの画面サイズ(2015年12月調べ)

iPhadの画面サイズ

iPhoneの画面サイズ(2015年12月調べ)の記事でも書きましたが、ホームページの制作やアプリ開発には、各デバイスの画面サイズを意識することがとても重要です。画面もですが、一緒に画像サイズについても意識する必要があるでしょう。
一昔前でしたら、意識しなくても、大体の大きさで区切って、サイズを好きに決めて制作すればいいだけの話だったんですけどね。ちょっと前のことですら、今はすぐ風化して、過去の情報になってしまいます。各項目の説明などはiPhoneの画面サイズ(2015年12月調べ)の記事も見てご確認くださいね。

iPad機種別サイズ一覧

デバイス名 ディスプレイ スケール 解像度 縦横比 論理上
ピクセルサイズ
デバイス上
ピクセルサイズ
ポイントサイズ 画像用解像度

iPad mini 2・3・4

7.9 inch Retina

@2x

326ppi

4:3

2048×1536

2048 × 1536

1024 x 768

144ppi

iPad Air・iPad Air 2

9.7 inch Retina

@2x

264ppi

4:3

2048×1536

2048 × 1536

1024 x 768

144ppi

iPad Pro

12.9 inch Retina

@2x

264ppi

4:3

2732 x 2048

2732 × 2048

1366 × 1024

144ppi

iPadの画面サイズを一覧表にしてみました。

項目の解説

デバイス名
携帯端末。デバイスです。
ディスプレイ
画面サイズです。
スケール
Retina ディスプレイでの倍率になります。Apple社が作成した単位? 元からの倍率を表しています。
解像度
解像度です。単位は「ppi(pixel per inch)」です。
縦横比
デバイスの縦横比率です。
論理上ピクセルサイズ
計算上で、そのディスプレイに表示させることができる論理的なピクセルサイズになります。デザイナーさんにわかりやすく表現するならば、アートボード的なもの、といえばどうでしょうか。最終的なものとして出力するのは別だが、出力前までの決められたサイズになります。その出力されるサイズはというと、「デバイス上ピクセルサイズ」です。
デバイス上ピクセルサイズ
各デバイスの画面に表示することができる、物理的なピクセルサイズになります。実際に表示される、最終的なサイズになります。上記のアートボードとしての考えでいけば、最終的に出力されるサイズと言えるでしょう。
ポイントサイズ
特にiPhoneアプリ開発の時に非常に意識する数値部分です。boundsやframe等で使用される画面のサイズ基準になります。iPhoneアプリ開発時にはピクセルではなくポイントで表現することが多いので、注意が必要です。
画像用解像度
スマホで画像を表示する時に、作成した画像編集後の書き出しの時に解像度を変えるだけで最適なサイズになります。ここ読んでよくわからなくても大丈夫。デザイナーが気にする部分です。デザイナーがわからないと逆に困りますので、もしそうなら他のサイトを検索などして「解像度」について調べてください。

ちょっとややこしい名称の項目名もありますが、時間かけて理解できるように頑張ってください。

iPadはiPhone6Plusのように複雑ではない画面解像度

iPhoneの画面サイズについて一番厄介なのが、「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s Plus」でした。しかし、iPadについては全てスケール2xなので、特に気にする必要なさそうですね。よかったよかった。

デバイスサイズ(解像度)も同じなので問題無し

iPhoneのように、論理上とデバイスのサイズの違いがないので、特に心配する必要ないです。iPhoneだと結局どっちの方を基準にしたほうがいいの?ってなっちゃいますしね。

詳細はiPhoneの画像サイズ(2015年12月調べ)の記事も参考にしてみてください。

You May Also Like